toggle
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発 平成29年度採択
2018-02-08

シンポジウム 「イメージング技術の融合による医学・生命科学の新たな地平の開拓」

下記シンポジウムを開催いたします。

 

「イメージング技術の融合による医学・生命科学の新たな地平の開拓」

日時 平成30年2月9日(金)
場所 神戸大学医学部会館シスメックスホール
http://www.med.kobe-u.ac.jp/kusunoki/map.html

 

 

プログラム

11:00− 11:20
高井 義美
神戸大学 大学院医学研究科 病態シグナル学
「挨拶・趣旨説明」

 

セッション1
11:20—11:45
岡田 康志
東京大学 大学院理学研究科物理学専攻
理化学研究所 生命システム研究センター(QBiC)
「高速超解像ライブセルイメージングでみえないものをみる」

 

11:45−12:10
浦野 泰照
東京大学 大学院薬学研究科 薬品代謝化学教室
東京大学 大学院医学研究科 生体物理医学専攻 医用生体工学講座 生体情報学分野
「化学蛍光プローブの開発に基づく新たながん医療の実現」

 

セッション2
13:10−13:35
和氣 弘明
神戸大学 大学医学研究科 システム生理学分野
「髄鞘制御不全による情報処理異常の可視化」

 

13:35−13:55
田井中 一貴
新潟大学 脳科学研究所 システム脳病態学
「組織透明化技術と包括的3Dイメージング」

 

13:55−14:20
上田 昌宏
大阪大学 大学院生命機能研究科
理化学研究所生命システム研究センター(QBiC)
「1分子自動計測法の開発と細胞内シグナル伝達系への適用」

 

セッション3
14:40−15:05
仁田 亮
神戸大学 大学院医学研究科 生体構造解剖学分野
「X線とクライオ電子顕微鏡でみる高分解能三次元形態学研究」

 

15:05−15:30
市村 浩一郎
順天堂大学 大学院医学研究科 解剖学・生体構造科学
「糸球体足細胞の3D超微形態解析~SEM連続断面観察法の活用~」

 

15:30−15:50
高松 哲郎
京都府立医科大学 医学フォトニクス講座
「ラマン散乱を用いた手術支援ガイド」

 

 

セッション4
15:50−16:10
樋口 隆弘
国立循環器病研究センター 画像診断医学部
「Translational Radionuclide Imaging」

 

16:10−16:30
森田 圭紀
神戸大学医学部附属病院 消化器内科
「消化管がんにおける内視鏡イメージング・治療の実際と将来展望」

 

16:30−16:50
川崎 良
大阪大学大学院医学系研究科寄附講座・視覚情報制御学(トプコン)寄附講座
「光干渉断層計Optical Coherent Tomography(OCT)が切り拓く『眼をみる』技術」

 

16:50−17:10
石原 美弥
防衛医科大学校 医用工学講座
「光音響イメージング技術の医学・生命科学における位置づけ」

 

17:20−17:55
総合討論 (司会 オーガナイザー)

 

17:55—18:00
鍋島 陽一
先端医療振興財団 先端医療センター研究所
「おわりに」

 

 

主催:

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 (AMED)
老化メカニズムの解明・制御プロジェクト
「老化研究推進・支援拠点」

鍋島 陽一 公益財団法人先端医療振興財団
高井 義美 神戸大学大学院医学研究科

 

共催:

神戸大学大学院医学研究科 シグナル伝達医学研究展開センター

関連記事